山行き 4・・・臨機応変。

出発前に確認していた天気図。

それはあまりよろしくない気圧配置でした。

随分山奥まで車で入ってきたし、さっき洗礼を受けた瞬間的な雨の量を考えると今晩も何が有るか分からない。

多少の雨でも抜けやすい林道、毎年犠牲者を出す鉄砲水を起こしやすい沢筋。

今回は山奥で夜会を開く予定でしたが一旦安全な場所まで車でおります。

リスクと駆け引きをしながら出来る限り安全に遊びます。

といってもそこはまだまだ山奥なので安全とは言い切れません・・・。

今晩の選択した野営地です。

大きな構築物の屋根の下です・・・。ここなら雨が降っても安心。

d0269062_18202317.jpg


先ずはずぶ濡れの荷物を干します。

野営地からの景色

この界隈の特徴的な深い谷が延々と続きます。

d0269062_1823312.jpg


d0269062_18243736.jpg


d0269062_18342616.jpg


一見浅く見えますが水深は3〜4メートルはあるでしょうね・・・

しかし奇麗な水の色です。

d0269062_18245152.jpg



日が少しづつ暮れて行きます・・・

d0269062_18315596.jpg


d0269062_18323010.jpg


d0269062_1833556.jpg


d0269062_1838428.jpg



これまでこんな残照をフライフィッシングを通じて数百回と見てきましたが何度見ても飽きません。

ヒグラシの鳴き声と、たき火がはぜる音で心落ち着きます。

d0269062_18345119.jpg


たき火で体を温めながらイワナをゆっくり焼きます。

カリカリに焼いたイワナとウィスキー。

シンプルだ、だがそれ故にじっくり味わう事が出来る。

d0269062_18421870.jpg


d0269062_18425471.jpg


人が炎に安らぐのは遠い昔の記憶をどこかで感じているからなのだろうか?

d0269062_18442456.jpg


d0269062_18451733.jpg


夜会は静かに終わりました。

今シーズン初釣行は僕から離れて行きそうだった外遊びの精神をなんとか引き止める事が出来た。

安全に楽に軽薄になりそうだった遊び心を引き止めてくれた友に感謝。

激しく、静かに、強く、優しく、遊ぶ事の素晴らしさを再認識しました。

d0269062_18455528.jpg


おしまい。。。


X- E1 XF18-55mm Touit2.8/12
[PR]
by hurukon | 2013-07-30 19:05 | フライ・フィッシング

フライフィッシングも カメラも気持ちいい・・・


by masunosuke